Etiquetas » Wired

暴力的なゲームで遊んだ子どもは「攻撃的」になるのか:英国の長期調査 [ #cbajp ]

子どものころに暴力的なゲームをプレイすると、暴力に走りやすい性格やうつ的な傾向が生じやすいかについて、長期調査に基づく論文が発表された。英国に拠点を置く研究者のグループが行った調査研究は、「Avon Longitudinal Study of Parents and Children」(親と子どもに関するエイヴォン長期研究)の研究対象となった1,800人の子どもたちに関して行われたものだ。

http://wired.jp/2016/02/10/children-violent-video-games/

Wired

4,900万度のプラズマを102秒間持続:中国の核融合実験施設 [ #cbajp ]

核融合技術への歩みが重大な進展を見せたようだ。中国の研究グループが、超高温にしたプラズマガスを摂氏4,999万度で1分以上持続させたと発表したのだ。この実験では、安徽省合肥市中国科学院合肥物質科学研究院にある環状の装置「先進型超伝導トカマク実験装置(EAST)」で、水素ガスを太陽の中心温度(摂氏約1,500万度)の3倍に近い温度まで加熱。

http://wired.jp/2016/02/10/china-fusion-breakthrough/

Wired

音楽にぼくらは勇気を学ぶ──『WIRED』Vol.21 特集「音楽の学校」に寄せて [ #cbajp ]

昨年末に、「デジタルファブリケーション」と「教育」をテーマにしたカンファレンスに参加した。そこで、日本の先進的な高校が、どのように「ファブ」や「ICT」を導入して、成果をあげているかといったプレゼンを見た。

http://wired.jp/2016/02/10/vol21-editors-letter/

Wired

シリコンヴァレーは国の「コンピューター教育」を導けるか [ #cbajp ]

オバマ大統領は1月30日(米国時間)、全米の学校でコンピューターサイエンス教育を行うために、40億ドルを投入することを約束した。大統領が今後の予算計画に組み込む「The Computer Science for All Initiative」は、学校に対して直接付けられる予算を1億ドル追加し、コンピューターサイエンス教育の資金として提供するものだ。

http://wired.jp/2016/02/09/obama-computer-science-education/

Wired

「操作できる拡張現実」ステッカー「Mardles」(動画あり) [ #cbajp ]

拡張現実(AR)ステッカー「Mardles」には、いくつか秘密がある。各ステッカーが拡張現実のマーカーになっており、スマートフォンやタブレットで見ると、そのステッカーに描かれたキャラクターや乗り物が命を与えられたように動きだし、子どもたちが操作できるのだ。

http://wired.jp/2016/02/08/top-tech-toys-mardle/

Topic

グーグルAIと囲碁世界チャンピオンの対局、「YouTube」でライヴ配信へ [ #cbajp ]

グーグルは、傘下のDeepMind社の人工知能(AI)と囲碁の世界チャンピオンであるイ・セドルが3月に韓国で行う歴史的対局をストリーミングでライヴ配信すると発表した。DeepMind社は2014年にグーグルが買収した英国の新興企業で、AI開発を手がけている。

http://wired.jp/2016/02/08/deepmind-go-match-live-stream/

Google

「記憶」が変化していく、ように変化するフォント [ #cbajp ]

記憶とは、実に曖昧なものだ。月日を重ねるごとに、わたしたちが覚えている記憶の輪郭はぼやけていき、徐々にあやふやなものになる。記憶が時間とともにうつろうという事実は、ときに芸術家やデザイナーたちを刺激する。彼らは長きにわたり、現実と認識の間の微妙な関係を伝えるにはどうすればいいか、試行錯誤してきた。

http://wired.jp/2016/02/07/memoire-typeface/

Topic